🎃スパイニー初めてのハロウィン👻


一番悩む「なりたいもの選び」

今年もハロウィンがやってきた!小夜子にとって、ハロウィンはクリスマスと同じくらい大好きなイベント。去年は私が仕事が忙しく、小夜子のコスチュームをさぼってしまって2年連続同じやつ(不死鳥)になってしまったので、今年は絶対に本人の希望通りのものを用意したかった。

なりたいものは9月中には決まっていた。優秀優秀。だって、このなりたいもの選びが一番大変なのだ。毎年、なりたいものが日々変わるので、準備を始めるまでに時間が掛かる。今年は、映画「ミス・ペレグリンと奇妙な子どもたち」のエマになりたいらしい。先日お友達と映画を観に行った小夜子は、「今年はこれ!」と即決だった。

 

強い味方「グッドウィルストア」

写真の一番左がエマ

エマが着ているドレスは薄紫、花柄、フリフリ・・・うーん、私は洋裁は苦手ではないけど、このドレスを作る自信はないな・・・。

そういうときはグッドウィルストアへ!アメリカなら、欲しいものがあって、でも新品を買うほどのものではない場合は、まずトライすべきお店がグッドウィルストアだ。グッドウィルストアは今やアメリカ全50州だけでなく、韓国やメキシコなど国外にも店舗を構える広大なネットワークを持つNPOだ。私はボストンでのビンボー学生時代は特にグッドウィルストアにお世話になった。とにかく洋服から食器など色々な生活必需品を買っていた。

ポートランドにもグッドウィルストアはいくつかあって、どの店舗でもいつも客でいっぱいだ。そしてたくさんの人が、店舗の横にあるドネーションセンターへいらなくなったものを運んでくる。中には、「それはもはやゴミでは・・・?」と言いたくなるようなものを捨てずに寄付している人もいる😅

そのグッドウィルストアで、エマ風ワンピースを探す。小夜子も10歳で、大人のSサイズならちょっとダボダボでも着れるくらいに背が高くなってきた。大人用ドレスセクションに色々な種類のドレスがおそらく100着以上あった。でも薄紫色、花柄、フリフリの3拍子揃ったドレスがなかなか見つからない。3着ほどそれに近いものを小夜子が試着してみたが、どれもしっくりこないようだった。

 

インスピレーションをもらえるお店Red Light

では、グッドウィルは諦めて、次のお店へ。Hawthorne Blvd(ホーソン通り)にある古着屋さんRed Light。このお店はハロウィーンが近づくととても混雑する。仮装したいもののアイディアがある人も、まだアイディアがなくてインスピレーションが必要な人も、とにかくここへ来れば解決策が見つかる、そんなお店だ。品揃えが豊富で、かなり年代の古い洋服からコスプレ衣装までたくさんある。年代物の着物も置いてあってびっくりした。値段はグッドウィルよりは高いが、それはここはドネーションではなくて持ち込まれた服をちゃんとお金を払って買い取っているためだ。小夜子の探しているドレスに近い物を5着ほど発見。すべて試着して、やっと納得のいく一着を選んだ。

まずはドレス完了。

あとは、手袋。私の日除け手袋を使えばいいじゃん、と提案したが。指先がないからダメだって😭なので、ヒッピー君の黒い靴下を犠牲にして、それと小夜ちゃんの黒い手袋を縫い合わせた。

 

「火」をどうやって作る。。。?

問題はこれ。

エマは火を操る女の子。手から出る火も再現したいと小夜子は言っているけど、いったいどうやって?

インターネットを参考にしたのと、友人のアドバイスをもとに、火は点滅するLEDライトをオレンジ系のビニールに包むことにした。

 

 

 

img_7618 img_7615

あまりリアル感はないけど、本人が満足そうなのでよしとしよう!

 

ハロウィーンまで残り1日

小夜子の衣装がなんとかなりそうで安心したが、スパイニーのはまだだ。準備期間はあと1日しか残っていない。手抜きをして猫のかぶり物をセカンドハンドショップで買ってきたのだが、これが思いがけずちんちくりんでダメだった。サイズは「6 month」と書いてあるからぴったりなはずだったんだけどな〜😭

ということで急遽作ることに。うちにあったこれを見てピンときた。

img_7642

「トトロ!!!」

トトロのぬいぐるみを参考にしながら急いでお腹部分、耳、鼻をこのフリースつなぎに縫い付ける。しっぽは邪魔なので省いちゃった😅

 

 

 

 

img_7641

そして10月31日がやってきた。今日、小夜子が学校から帰ってくるまでに私の衣装をなんとかしなければ。数日前、クローゼットの中に、友達からもらった鮮やかな青色のワンピースを発見して、思いついたのはマデラインちゃん。トトロに比べたらかなりマイナーで多分誰もわからないかな。でももう悩んでいる時間はない。

帽子を作るために、黄色いフェルトと黒いリボン、それと赤毛用の毛糸は用意しておいた。帽子に髪の毛をドッキングさせる。

出来上がりがこれ。毛糸の髪がちりちりでイメージとかなり遠いが仕方ない😅

img_7729

最後の最後で

最後に旦那のヒッピー君。実は彼の衣装はすでにAll set。だって彼は「グアンタナモ囚人への拷問へ反対するためにオレンジ色のつなぎを着る」と言って、3ヶ月以上前に購入済みなのだ。

「今年は家族みんなが仮装する!」と、小夜子も喜んでいる。だいたい私とヒッピー君は、私の張り切り具合によって、衣装がある年、ちょっと頭に何かつける程度の年、まったく何もない年と変わってくる。今年は時間ギリギリでなんとか間に合ったから上出来!!!

のはずだったのだが・・・いよいよ最終局面になって暗雲が立ち込める。

I have some bad news.

とヒッピー君がお着替え中でごった返すリビングルームにやってくる。「悪い知らせ」って、な、何事?!

The orange suit was too small for me.

げげげーーー!グアンタナモの囚人オレンジのつなぎが小さすぎて入らないらしい。

私:「ていうか、届いた時に試着しなかったの?」

ヒッピー君:「したと思っていたけど、してなかったらしい。」

私&小夜子:「。。。。。。」

なんだ、そのひと事ような返答は💢

ヒッピー君:「でも、心配しないで。XXLをすぐに注文しといたよ!」

小夜子:「パパ、間に合うわけないじゃん。」

ヒッピー君:「いや、来年用に。」

私&小夜子&スパイニー:「。。。。。。」

 

準備が悪すぎるのと良すぎるのが混在してわけがわからない。

とにかく出かけなきゃ!

と、思ったら今度は小夜子が鏡を見て何やら気にいらなそう。

小夜子:「エマの髪は赤色なのに、私の髪は茶色。」

私:「茶色でもええやん。」

どうしても赤毛にしたいらしい。でも今言うかなぁ。まったくもー。仕方ないから赤のヘアスプレーを買いにドラッグストアへ寄る。お店の人に聞くと赤はなくてピンクならあるという。お友達と一緒にトリックオアトリートをする約束の時間が迫っていて、ここは小夜子もピンクで妥協。

あぁ、これでやっと完了。今度は本当に完了。

14917271_10154610383069804_2821781809669958441_o

こんな感じでドタバタでした💦

小夜子は同級生と一緒にトリックオアトリートを。私たち3人も通りを練り歩いた。私はヘトヘト。。。通りですれ違った人のうち少なくとも3人から「あなた、マデラインね?」と言われたので、個人的には満足😊二人くらいの人からRaggedy Anne?とも言われたけど。確かに似てる😵

スパイニーのトトロは大好評。アメリカでもトトロの知名度はかなり高い。小夜子も同級生から衣装を褒められたと言って満足げだった。

 

 

ちなみにこんなに怖いおうちが近所にありました👻

dscn0460 dscn0461 dscn0471 dscn0477

 

さーて、今年のハロウィンは無事に終了。楽しいイベントが終わってちょっと寂しいなぁ。来年は何になろうかなぁ。考えるのに1年もあって、それはある意味嬉しいな。まぁ、もう衣装が決まっている人が約1名おりますが。。。😏

みなさんも、ネットで買ったものは届いてすぐに試着しましょう😝

コメントを残す